江戸川区のリフォームならSZホームにおまかせください。創立66周年!戸建・マンションのリフォームや新築等、住まいを通じて「安心と快適」をご提供。

SZホーム 江戸川区のリフォーム会社『SZホーム』のブログ 電話番後 お問い合わせ

江戸川区でリフォームするならどこに任せるべき?絶対に失敗しないために

リフォームについて 2020年07月20日

一生にいちどの大きな買い物と言えば、家ではないでしょうか。

しかし、家を買ったからと言ってそれ以降はお金がかからないわけではありせん。

残念ながら、時期がくれば家のあちこちにガタがきてしまいリフォームが必要になってきます。

リフォームも内容によっては大きな金額がかかってしまうため、なるべく失敗したくないと思う人は非常に多いのではないでしょうか。

そこで今回は、江戸川区でリフォームする際に失敗しないためにはどうするべきかをお話しますので、参考にしてみてください。

そもそもいつリフォームをすればいいの?

お金も時間もかかるからこそ、自分からリフォームをしよう!なんてなかなか思わないのではないでしょうか。

ですが、家も人間と同じように長く生きれば生きるほど、あちこちにガタがきてしまうものです。

それを無視し続けていれば、家に住みづらくなってしまい余計にリフォーム費用がかかってしまう可能性があります。

では、どのタイミングでリフォームをすればいいのでしょうか。

〇外壁リフォーム

紫外線や、雨風から家を守ってくれる外壁。

つねに過酷な環境にさらされている外壁だからこそ、適切な時期にリフォームしてあげなければなりません。

外壁はいつも見るわけではないので気づきにくいかもしれませんが、長いこと放置をすると悲惨な目にあってしまいます。

なぜなら、外壁にヒビが入れば雨水が浸入し建物内部を腐らせるからです。

建物内部が腐ればカビが生え、シロアリが発生し建物がどんどんダメになっていきます。

だからこそ、外壁は定期的なリフォームが必要と言うわけです。

外壁リフォームは、家を建ててからおよそ10年くらいで塗装を検討しましょう。

〇屋根リフォーム

外壁以上に厳しい環境にさらされているのが屋根です。

屋根は家のなかでも、最も高い場所に位置するためダイレクトに雨風や紫外線を浴びています。

しかも屋根は普段のぼることもありませんし、のぼったとしても大ケガをしてしまう可能性があります。

だからこそ、屋根の状態を定期的にチェックするのは難しいと言えます。

もし屋根をリフォームしたいと思ったのであれば、家を建ててからおよそ10年くらいを目安に塗装を検討してみるべきです。

ただし、自己判断はなかなか難しいのでプロにチェックしてもらいましょう。

〇お風呂リフォーム

私たちにとって欠かせないものがお風呂です。

普通の人は毎日かならず1回はお風呂に入り、疲れや汚れをとってくれる癒しの場所でもあります。

ですが、お風呂は毎日使いますし何より水が多く使われる場所のため湿気がすごいという特徴があります。

湿気が多くなればなるほどお風呂が劣化していきますので、壁にヒビが起きたりパッキンに隙間ができたりします。

いつまでもお風呂を快適に使うためには、家を建ててからおよそ15年~20年くらいを目安にリフォームしましょう。

〇キッチンリフォーム

お風呂と一緒くらいに、なくてはならないものがキッチンです。

キッチンは、毎日の料理を作ったり食器などを洗う大切な場所でもあります。

キッチンはお風呂とは違い、水以外にも料理で油を使いますしなにより汚れやすい場所でもあります。

また、排水管などの目に見えづらい場所が劣化してしまい、水漏れをしてしまう可能性もあります。

キッチンで作る食べ物は、私たちの口に入るものですからいつまでも清潔に利用したいのではないでしょうか。

キッチンをいつまでもキレイに使うためには、10年~20年くらいを目安にリフォームを検討してください。

〇トイレリフォーム

トイレはお風呂よりもキッチンよりも、利用頻度が多い場所と言えます。

また、どうしても水を利用することもあり劣化も早いという特徴があります。

トイレそのものは陶器で作られていることもあり、物持ちがよく何十年も頑張ってくれますが、それ以外はだんだん劣化していくため定期的なメンテナンスやリフォームが必須になってきます。

トイレはおよそ、10年から20年くらいをめどにリフォームを検討しましょう。

〇壁紙リフォーム

どんな家でも壁にはクロスがはられています。

このクロスも、太陽光に当たり続けたりタバコのヤニで黄ばんでしまうことも多々あります。

壁紙が傷んでも、大きな影響はないかもしれません。

しかし、毎日過ごす家はリラックスできないと意味がないのではないでしょうか。

壁紙リフォームは、およそ5年から10年くらいで張り替えを考えるべきです。

江戸川区でリフォームを後悔せずにするためには

リフォームをしないといけない時期になったときに、江戸川区でどこかのリフォーム業者に問い合わせをすることでしょう。

しかし、適当に問い合わせをすると確実に損をしてしまうため注意が必要です。

そこで、江戸川区でリフォーム業者選びに失敗しないためにやるべきことをお伝えします。

〇訪問販売はなるべく辞めておく

すべての訪問販売が悪いわけではありませんが、実際に販売員が家にやってきたら警戒しておくべきです。

なぜなら、訪問販売のなかに悪徳業者が存在しているからです。

とくに、家にきてそうそう外壁や屋根がそろそろ危ないと指摘してくるようなところは、なおさら危険です。

家主を不安にさせ、契約までさせるという手口です。

もちろん、すべての訪問販売が悪徳業者ではありませんが、万が一きたとしてもその場で即決しないことが重要です。

訪問業者が本当のことを言っているのかを調べるためにも、他の業者にも見に来てもらうようにしましょう。

〇そのリフォーム業者に実績があるのかどうか

なんでもそうですが、お願いする場合は経験者にお任せしたいはずです。

とくにリフォームをする場合は、高度な技術や経験が必要になってきます。

ですから、リフォーム業を今日始めたような業者にお願いすると、欠陥住宅になってしまう可能性があります。

もしリフォームを検討している場合は、可能な限り長いことリフォーム業に携わっているような業者を選ぶべきではないでしょうか。

経験や実績があればあるほど、要望や悩みを即座に把握してくれますし、なにより素敵なプランと施工をしてくれるはずです。

〇見積りは解りやすく適正かどうか

家主や家族がリフォームのプロではない限り、業者からの見積り金額をそのまま信じるしかありません。

しかし、その見積りは解りやすく適正でしょうか。

あえて解りにくいような専門用語を使っていたり、細かなことを書いて見過ごしそうなものだったりした場合は要注意です。

また、本当にその見積り金額が適正なのかどうかをしっかり確認しておくべきと言えます。

〇本当に必要なリフォームかどうかを判断してくれる

悪いリフォーム業者にあたれば、やらなくていいところもリフォームをするように促されます。

たしかに、将来的にやらないといけないのであれば、今やっといても良いのかもしれません。

しかし、余計なところまでをリフォームすると言うことは、その分の費用も発生してくるというわけです。

リフォームそのものは決して安い買い物ではないため、しっかり必要なリフォームを提案してくれるのかどうかが重要になってきます。

〇ちょっとしたことでも対応してくれる親切さ

リフォームといえば、かなり大掛かりなイメージをもっている人は多いことでしょう。

結果的に、家のちょっとした困りごとをどこ頼むべきなのかを迷われるはずです。

リフォーム業者によっては、ドアノブの調子が悪かったり、網戸の動きが悪くなったりしても対応してくれる場合があります。

大きい仕事だけではなく、小さい仕事も気軽に引き受けてくれるような業者ですと、実際にリフォームするときも安心してお願いできるようになります。

江戸川区でリフォームをするなら「SZホーム」にお任せ!

江戸川区でリフォームを検討中なら、SZホームにお任せください。

当社は創立66年以上と、リフォームに関する実績と経験があるため、どんなご要望にも迅速丁寧におこたえいたします。

水廻りリフォームや外壁塗装、屋根葺き替えからちょっとしたプチリフォームまで対応しておりますので、まずはご相談ください。

お客様にとって最適なプランをご提案いたします。