江戸川区のリフォームならSZホームにおまかせください。創立66周年!戸建・マンションのリフォームや新築等、住まいを通じて「安心と快適」をご提供。

SZホーム 江戸川区のリフォーム会社『SZホーム』のブログ 電話番後 お問い合わせ

リフォームの見積もりは超重要!?適正価格でお願いするためにやるべきこと

リフォームについて 2020年08月13日

どこかのタイミングで、リフォームを検討するときが必ずやってきます。

しかし、スーパーマーケットで買い物する以上にリフォームは悩まなければいけません。

それは、リフォームの内容によっては見積りが高くなるからです。

せっかくなら少しでもリフォームの見積もりを安くして、満足の行く結果を望んでいるのではないでしょうか。

そこで今回は、リフォームの見積もりを満足の行く適正価格でお願いするためには、何をするべきなのかを見ていきましょう。

とっても重要!リフォームでの見積をするまえの確認事項

もしリフォームをするのであれば、なるべく安くて安心できる業者にお願いしたいと考えているはずです。

ただ、それ以前に肝心なことがありますのであらためてチェックしていきましょう。

〇リフォームの目的は何か

まずは、本当にリフォームが必要なのかどうかをしっかり考えるようにしましょう。

リフォームする箇所を明確にした段階で、プロに相談すればベストです。

〇リフォームの予算を決めておく

リフォームをするにあたり、最も課題になってくるのが予算です。

すべての人が無限にお金があれば、何考えずにリフォームできますが、そんな人はなかなかいません。

しかもリフォームの内容によっては、かなりの費用がかかってくるため、かなり慎重になって決めなければなりません。

もちろん予算内で収まれば良いですが、もしかしたら予算オーバーすることも考えられます。

予算がオーバーしたときにどうするべきなのかを、家族としっかり話あっておきましょう。

〇リフォーム会社がいくつかあることを知っておく

リフォームを検討したときに、どこかの会社に相談や見積もりをしますが、いくつかのパターンがあることをご存知でしたでしょうか。

少しでも意味を知っておけば、間違えて問い合わせをすることもなくなります。

△住宅メーカー

住宅メーカーは誰もが知っているであろう大きな会社や、その子会社がひとつの事業としてリフォーム会社を運営しています。

やはり、誰もが知っている会社が運営していることが多いため、安心感はバツグンと言えます。

ですが住宅メーカーはその分、費用が高めに設定されていることが多いため、コスト的には負担が増す可能性があります。

△設計事務所

デザインを重視したいのであれば、設計事務所がおすすめです。

設計事務所は名前の通り、デザインなどを組み立てるのが得意なこともあり、どこよりもオシャレな設計をしてくれる可能性があります。

ですが、設計事務所はあくまで設計のみを仕事にしていることもあるため、施工までは対応していない場合があります。

△リフォーム専門業者

リフォーム専門業者は、まさにリフォームに特化した会社です。

リフォーム専門業者は基本的に経験と実績が豊富なため、依頼主からの要望から最適な施工をして満足のできるリフォームを完成させてくれることでしょう。

リフォームで絶対に後悔しない見積もりの取り方

リフォームをするのであれば、1円でも安くしたいものではないでしょうか。

事前知識なくどこかの業者にお願いをしてしまうと、かなり損をする可能性があるため後悔しない方法をチェックしておきましょう。

〇相見積りを取っておくこと

どうしても、1社だけに頼ってしまうと見積り額が適正なのかを判断できないはずです。

面倒だからと言って、その1社にしてしまうともしかしたらとんでもなく高かったなんて後から気付くかもしれません。

当然、後悔しても時すでに遅しというわけです。

ですからかならず相見積りをすることが、とても重要です。

相見積りとはあいみつとも言われ、複数の業者に見積もりを取ることを表します。

複数の業者であいみつを取れば、どこが安いのかどこが高いのかが一目瞭然というわけでです。

たとえば同じ内容のリフォームでも、A社が100万円、B社が120万円、C社が140万円だったとしましょう。

どの業者を選びますか?

ほとんどの人はA社を選ぶはずです。

〇あいみつだけで判断しないように

あいみつでいちばん安い業者を選ぶのが当然のことといえますが、安さだけを見て決めるのはよくありません。

安物買いの銭失いという言葉があるように、あまりにも安すぎるのは何かしらの裏がある可能性も考えられます。

もちろん、安ければ安いにこしたことはありませんが、それ以上に後悔することもあるため慎重になって決めてください。

もし、あいみつをして値段にばらつきがあるようでしたら、各社の説明は解りやすかったか、担当者は安心できそうか、追加料金などの心配ごとはないかなどのチェックをしておきましょう。

あいみつをするのであれば値段だけではなく、その他要素もしっかり見ておきましょうということです。

〇見積りはほかの業者に教えないこと

たとえば、A社が100万円、B社が120万円だったとして、あえてB社にあらためて交渉しようと考える人もいます。

そのときに、A社の見積り内容を見せてそれより下げてくれたら契約するという約束をしたとしましょう。

依頼主からすれば、もしかしたら安くなるかもしれないからいいかな、と思ってしまいますがそうではありません。

なぜなら、それは情報を別な業者に流しているだけだからです。

どの業者も、一生懸命作った見積りです。

その見積もりを安易に他の業者に流してしまうと、マナー違反でもあります。

〇あまりも多くの業者に見積もり依頼をしないこと

極端な話かもしれませんが、少しでも安くしたいからと思い100社に見積もりを取ったとしましょう。

見積りをしたということは、その100社が動き見積書を作ってくれるわけですし、依頼主も1社1社の見積をチェックし、担当からの問い合わせにも応じなければなりません。

見積した業者の件数が多くなればなるほど、膨大な時間を要することになりますから、なるべく5社程度までに抑えるようにしましょう。

最終的には1社に決めるわけですが、他のお断りする業者には他で決まったという連絡をしてあげると、とても親切です。

〇念のために口コミや評判を知っておく

今は、インターネットで何でも調べられる時代になりました。

ですから気になる業者の口コミや評判を、知れる可能性があります。

もちろんすべての業者の情報が知れるわけではありませんが、念のためにチェックしておきましょう。

ただ、インターネットでの口コミや評判は匿名性が強いこともあり、ウソの情報を書かれていることも考えなければなりません。

たとえば、ある業者が特定の業者の評判を下げようと考え、匿名で事実ではないことを書き込むことも想定できます。

可能性としては非常に低いですが、そういうこともあると想定しておくべきだと言えます。

評判や口コミを全部信じることをせずに、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

リフォーム見積りのまとめ

リフォームでもっとも重要な項目である見積り。

1円でも安くなれば嬉しいですが、だからといってむやみに問い合わせをしまくるのはよくありません。

常識の範囲内で見積りをしてもらい、理想のリフォームを実現してみてはいかがでしょうか。

当社は江戸川区で創立66年、小さな工事を得意とした総合リフォーム会社です。お困りの際はお気軽にお問合せ下さい。