江戸川区のリフォームならSZホームにおまかせください。創立66周年!戸建・マンションのリフォームや新築等、住まいを通じて「安心と快適」をご提供。

SZホーム 江戸川区のリフォーム会社『SZホーム』のブログ 電話番後 お問い合わせ

キッチンリフォームは失敗できないって本当?絶対満足するためにやるべきこと

リフォームについて 2020年08月16日

家のなかで最も重要なところといえば、どこでしょうか。

そうです、答えはキッチンです。

キッチンは毎日の料理や洗い物など、生活するにあたり絶対に必要な場所と言っても過言ではありません。

しかし、毎日使うからこそ劣化が激しくいずれはキッチンとしての機能が果たせなくなってしまいます。

かといってリフォームが面倒だからと放置をしてしまうと、料理ができなくなってしまい生活に大きな支障をきたしてしまいます。

そこで今回は、キッチンリフォームをするさいに満足できるような方法についてお伝えしますので、参考にしてみてください。

家族も納得するキッチンリフォームの選びかた

キッチンとひとくちに言っても、今はさまざまなものが販売されていることをご存知でしたでしょうか。

時代がすすむにつれて、高機能なキッチンなども誕生しているため、自分や家族にあったキッチンを選んであげるべきです。

まずは、キッチンにも形状があるためチェックしていきましょう。

I型キッチン

もっとも普及しているキッチンと言えば、I型ではないでしょうか。

I型は名前の通りコンロからシンクまでを一直線につないだものを表します。

I型キッチンは、ワンルームや1Kなどにも当たり前のように採用されているため、イメージしやすいはずです。

基本シンプル構造と言うこともあり、使い勝手が良いというメリットがあります。

また、他の型よりも安価で色やデザインなども豊富にあることから、よく選ばれるキッチンでもあります。

ただ、I型は開放感を感じられないためデメリットに感じる人もいます。

L型キッチン

L型キッチンとは、まさにキッチンが90度でL字型になったものを表します。

キッチンをL字型にすることでコンロとシンクが向かい合うため、I型と比べると作業導線が短くなるというメリットがあります。

つまり、L字型キッチンを導入するとコンロとシンクを行ったり来たりする感覚が短くなるため、とても効率的に動けるというわけです。

ただし、L字型になってしまうこともあり曲がっている場所がデッドスペースになってしまう可能性があります。

つまり、家によっては無駄なスペースになってしまうということです。

対面型キッチン

今流行のキッチンと言えば、対面式ではないでしょうか。

よくテレビなどでセレブ芸能人の自宅訪問などで、対面キッチンを見たことがある人も多いはずです。

そのときに、このキッチン素敵!いつかはこうしたいと思われることでしょう。

対面型キッチンは、壁に向かって作業をすることがないため家族の顔を見ながら料理や洗い物をすることができます。

また、家によってはリビング越しに窓からの景色を見ながら、作業をすることだってできます。

ですから家族とのコミュニケーションや気分を高めたいと思っているのでしたら、対面型キッチンがおすすめです。

ですが、あくまで対面型キッチンは広い家でしかマッチしません。

狭い家に無理やり設置してしまうと、余計に家が狭くなってしまうというデメリットがあります。

また、対面型キッチンは仕切りが基本ないため、ニオイが充満しやすい傾向にあります。

キッチンリフォームの正しい考え方

キッチンリフォームには、いくつかの型がありますが、それ以外にもチェックする項目があります。

たとえば、予算重視であれば安価なキッチンを考えなければなりませんし、収納重視であればそれに似合うものを選ばなければなりません。

また、ガスコンロではなくIHクッキングにしたいなど、各家庭でさまざまな思いや希望があるため、どういうキッチンにしたいのかをしっかり考えるようにしましょう。

今のキッチンにどういう不満があるのかを考える

キッチンをリフォームしたいと思ったのであれば、何かしら現状に不満を感じているに違いありません。

たとえば、キッチン全体が暗いから明るくしたい、家族とのコミュニケーションが取れない、そもそもキッチンが壊れてきたなど、さまざまな不満があるはずです。

その不満をしっかりと洗い出し、リフォームに反映すれば後悔のないものが完成することでしょう。

また、キッチンをリフォームするのであれば、しっかりイメージを膨らませないといけません。

そのためには本やインターネットなどを駆使して、よさそうなリフォームイメージを作りましょう。

失敗しないキッチンリフォームとは

レイアウトや導線を考える

コンロとシンクを使う人であれば、レイアウトと導線を考えるはずです。

なぜなら、せっかくリフォームしたのに使い勝手が悪くなっては意味がないからです。

リフォームしたことでストレスが溜まってしまうと、家族間の仲まで悪くなる可能性があります。

たとえば、冷蔵庫からシンクの場所まではスムーズに移動できるか、料理を運ぶときにストレスなく移動できるのかが重要になってきます。

これに関して言えば、見た目重視にしすぎてしまうと忘れてしまいがちなので注意しましょう。

デザインにこだわる

やはり、キッチンを新しくするのであればデザインにもこだわりたいはずです。

たとえば、赤を基調としたキッチンがいいとか木目調のデザインがいいなど、選択肢は自由ですから家族としっかり話し合って決めるようにしましょう。

素材にこだわる

キッチンは意外にも素材が大切になってきます。

なぜならキッチンは、油や水がはねるからです。

素材がダメなキッチンですと、油や水を無意味に吸収して掃除がしにくくなることも考えられます。

ですから、掃除のしやすさも考えてキッチンを選ばないといけません。

収納にこだわる

家族が増えれば増えるほど、食器などが増えてしまいます。

しかし、収納が少ないと食器をしまうスペースがなくなってしまいます。

収納しきれなかった食器などを、キッチンのまわりにしまうと、どこにしまったのかが解らなくなりますし、キッチンが狭くも感じられます。

ですから、可能な限り収納にもこだわるべきです。

キッチンリフォームの工期を考える

キッチンリフォームは、わりと大掛かりな作業になってしまいます。

ですから、もし仮にお願いをしたとしても1時間や2時間で終わるわけではありません。

たとえば、キッチンを取り替えるのであれば3日程度、床や天井などのリフォームが必要なら1週間程度かかります。

さらにキッチンを移動する場合は2~3週間程度で、難しい工事の場合は1カ月以上かかることもあります。

つまり、リフォーム内容によって引き渡しの期間が異なるというわけです。

キッチンリフォームの予算を考える

キッチンリフォームをするにあたり、いちばんの悩みと言えば予算ではないでしょうか。

どうしてもある程度の費用は発生するため、予算をしっかり練らないといけません。

基本的にキッチンリフォームにかかわる費用は、3つあります。

それが、キッチンの本体、設置費、工事費です。

もちろん、キッチンの種類によっては予算をオーバーしてしまうこともあるため、事前にプロのリフォーム業者に相談してみることをおすすめします。

リフォームキッチンのまとめ

キッチンは毎日使う場所だからこそ、快適に使いたいものです。

とくに、料理や洗い物をすることが多い人ならなおらさです。

ですが、キッチンリフォームは決して安くはないため後悔しないためにも、しっかり家族と相談をして、専門業者に見積もりや提案をしてもらうようにしましょう。

当社は江戸川区で創立66年、キッチンリフォームを得意とした総合リフォーム会社です。お困りの際はお気軽にお問合せ下さい。